寄付行為について考える

2021.04.26

    今年2月の第2週に、10年ぶりに税務調査を受けましたが、2日間と半日弱の調査を終え「しっかり経理されています」とお褒めの言葉をいただきました。そこで、毎月一度来社し、経理伝票のチェックやアドバイスをしてくださる担当の税理士さんと、この税理士さんが働く税理士事務所の所長さん、そして今回の税務調査に立ち合ってくださった税理士さんがたと一席設け懇談しました。


 その席で、私が朝乃山富山後援会の副会長を務めていることを知っている担当税理士さんが、「来月始まる大相撲春場所で、朝乃山の取組みに朝日建設の懸賞金をかけたらどうですか。寄付金として損金にも参入されることだし」と言うのです。その言葉に、レモンイエローの「朝日建設」の懸賞旗を作り、朝乃山の取組みに限って懸賞金をかければ、テレビに映された当社の懸賞旗を観た富山県の人は、富山市の朝日建設だとすぐにわかるだろうし、前期と同様この6月も好決算が予想されるので節税にもなり良いなあと思いました。このやりとりを聞いていた所長さんは、「林さんが出されるなら、私も個人で『ありがとう村』の懸賞を出しますよ」と、とんとん拍子に話が決まり、翌日には後援会理事長に連絡し、後援会経由で懸賞金を2本出すことにしました。レモンイエローの懸賞旗が2本揃って土俵上を回れば、インパクトが強いと思ったのです。懸賞金は1本7万円なので、15日間で30本かけると210万円になりますが、宣伝と節税になるのだから良いだろうと思いながら、ネットで調べた東京の染物屋さんと打ち合わせして懸賞旗を発注しました。そして日本相撲協会に210万円の振り込みを済ませ、3月14日の大相撲春場所初日を心待ちしたのです。


 朝乃山の成績は皆さんご承知の通り、千秋楽に同じ大関の正代に勝って、何とか大関の責任の10勝に届きました。しかし、NHKテレビの実況中継を毎日目を凝らして観ていましたが、初日は、出番を花道で待つ白鵬を映し、他の日も、朝乃山の取組みの前の相撲をビデオで解説したりで、当社の懸賞旗がチラッと映ったのは2日だけでした。考えてみれば、公共放送のNHKが、土俵上を回る懸賞旗をしっかり映す訳がないのです。なんとも考えが浅かったと反省しました。ただ唯一の慰めは、終盤戦に入った3月25日の北日本新聞で、当社のレモンイエローの懸賞旗2本と「ありがとう村」の赤色の懸賞旗1本が続いて回っている写真が「勝ち越しが懸かる一番に多くの懸賞旗が土俵を回る」という見出しと共に掲載され、それがあさひホームのグループホームに貼ってあったことでした。


 春場所が終わって、今回の朝乃山への寄付を通して思ったことは、会社の寄付は宣伝効果を狙ってするものではないということ、そして、儲かったからするというものでもないことの2点です。


 私は長年、個人で色んな組織に寄付をしています。発展途上国の子供たち、特に女の子を支援する「プラン・ジャパン」、難民の子供達を支援する「国際UNHCR協会」、生命の危機に直面している人びとへの医療・人道援助活動を行っている「国境なき医師団日本」、富山県善意銀行、そして東南アジアからの留学生を支援する「ロータリー米山奨学会」です。これらの個人寄付は何万円かずつですが、毎年コンスタントに行っているもので、米山奨学会への寄付は、一年間10万円を目標にコツコツ貯めた五百円玉貯金で行っています。


 会社からの寄付も、個人で行っているのと同じ組織にそれぞれ20万円から30万円ほど行っていて、好決算の時には多く寄付しています。その中で富山県善意銀行には、昨年から隔月に5万円ずつ寄付することにしましたが、次年度からは他の組織への寄付も、私個人の寄付や富山県善意銀行への寄付のように、宣伝や節税の思惑なく毎年コンスタントに行いたいと思います。

 
 もっとも、赤字決算で寄付するわけにはいきませんが。

  
(補足)ありがとう村は、経営や生活の中での困りごとが一ヶ所で問題解決できるよう、会計・税務・経営・社会保険・不動産・登記等の専門家たちが、皆様の相談に乗っています。

 

富山県「中小企業の働き方改革モデル取組事例創出事業」に参加して

2021.03.25

 2017年(平成29年)3月28日に、総理が議長となり、労働界と産業界のトップと有識者が集まった会議で「働き方改革実行計画」がまとめられましたが、私はこの年の9月のコラムで“「働き方改革」に思う”と題して、冒頭から、「最近の新聞を読んでいて、目にするたびに嫌な感じがするのが、『働き方改革』と『人づくり革命』です」と噛みつき、最後は「『働き方改革』という政府の号令に右往左往するのではなく、人間として、また企業として、常に改革し成長し続けたいと思います」と結んでいます。


 昨年の8月7日と9月4日、サンフォルテ(富山県民共生センター)で行われた富山県主催の「働き方改革推進リーダー養成講座」に参加しました。参加理由は、「働き方改革」が叫ばれて以降に当社で行ったことは、経営企画室の安全衛生管理グループで、第2工事部の技術職のうち、見なし残業代として役職手当がついている主任について、実際の月々の残業時間を4月から統計を取り始めたことくらいでしたので、この講座のタイトルを見て、「働き方改革」を毛嫌いばかりせず、会社のトップリーダーである私自身が学んでみようと思ったからです。

 
 8月7日の「働き方改革推進リーダー養成講座」の1回目には、18の企業と3つの市町村から35人が参加し、5人ずつ7テーブルに分かれ、(株)ワーク・ライフバランス(WLB)の3名のコンサルタントの進行、指導の下に午後1時半から5時まで、テーマごとに付箋に自分の意見を書いて模造紙に貼り付け、メンバーで話し合いながらその付箋をグループ分けしまとめて、テーブルごとに発表しました。参加者は、ほとんどが30歳代からせいぜい50歳代初めくらいまでで、70歳を過ぎ、かつ社長の参加者は私だけでしたが、若い人たちから刺激をもらいました。

 
 9月4日の2回目の講座が終わって直ぐに、今回の講座を主催した富山県総合政策局少子化対策・県民活躍課の担当の女性から、「富山県 令和2年度 中小企業の働き方改革モデル取組事例創出事業」の実践モデル企業に応募されないかと電話があり、WLBのコンサルティングを無料で受けられるとあって、総務部として応募することにし、当社と昭北ラミネート工業、永田メディカル、バロン、日の出屋製菓産業の5社が選ばれました。9月24日には、第1回のキックオフコンサルティングが当社の会議室で行われ、富山テレビの取材もあり、前日の23日に入社した新元総務部次長が「昨日入社したばかり・・・」と自己紹介し、八尾オフィスの林さんが、「若い人たちが遅くまで仕事をしてなかなか結婚できない」と言っていたのが印象的でした。


 その後、10月と11月のコンサルティング、12月の中間報告会、そして今年1月と2月のコンサルティングを経て、今月3月3日に富山県民会館で最終報告会が行われ、当社は5社の報告のトリを務めました。新元次長のパワーポイントを使っての発表の後、私が次のようにコメントしました。「中村天風師は『ばい菌一匹でも目的無くこの世に出てきたものはない』と言っていますが、「働き方改革」の目的は、残業を減らすとか有給休暇をしっかりとるとかいうことではなく、働く人の幸せを実現することだと思っています。(中略)今回の働き方改革の実践を通して、総務部をはじめとする事務職の社員7名が、自分の仕事を見直すことで、個々人の仕事が楽しく、仕事も含めた人生が変わり、幸せになることを願っています。(中略)この後は、本丸である現場の技術職社員の『働き方改革』に取り組みます。」


 総務部で毎週月曜日の昼休み前に15分間行っている「カエル会議」(早く“帰る”、仕事のやり方を“変える”、人生を“変える”、の3つの意味が込められている)で私は、総務部では5人が毎日お互いのスケジュールを共有して助け合い、ルーチーン業務の見直しをすることなどで、昨年10月以降、残業時間を4分の1に減らすことができた。しかし、事務職社員が一人だけの営業部と第一、第二工事部の3人は、なかなか総務部のように、昼食を別室でとったり、残業せずに毎日退社することはできないだろうが、総務部で生まれた余裕時間を他部署の事務にも向け、彼女たちの仕事の一部を分担できないか考えてほしいと話しています。


 そして本丸の現場の技術職社員には、働き方改革など難しいと頭から決めつけるのではなく、突飛な発想でもよいので仕事のやり方を変えてみて、少しでも時間短縮を図り、そういう改善実績を積み重ねて、大きな改革につなげてほしいと思います。


 現在、総務部では5時のチャイムが鳴ると、10分後には誰もいなくなっています。何事もやってみること、チャレンジすることです。

当たりはずれ

2021.02.25

 昨年11月22日、総曲輪通りにある小さな映画館「ほとり座」で、何年ぶりかで映画を観ました。タイトルは「ぶあいそうな手紙」。ほとり座で上映する映画を選定したり、カウンターに入ったりしているフェイスブック友達の知人の女性Yさんが、インスタグラムで、映画の印象と共に、「素晴らしかったー!これは見逃さないでほしいです」と投稿しているのを見て、翌日早速出かけました。


 このコラムを書くにあたり先ほどインターネットで検索した「ほとり座」のホームページ(HP)には、この映画は「手紙の代読と代筆を通して交流を深めていく老人と娘の姿を、おかしくも温かく描いたブラジル発のハートウォーミングストーリー」と書かれていましたが、まさにその通りでした。主人公は頑固で融通がきかず、うんちく好きの、視力をほとんど失って、息子さんとも離れて暮らしている78歳の独居老人です。私も70歳を過ぎましたが、妻と2人の子どもと一緒に暮らしていて、境遇は全く違いますが、年齢が近いので、こんな老後もあるのか、自分には今後どんな出来事が起きるだろうか、などと思いながら映画を観ていました。そして映画はいいなと思いました。


 今年1月に「ほとり座」で観たのが、「陶王子 2万年の旅」で、これもYさんから是非観てほしいと勧められた映画でした。チラシも予告編も見ていなかったのですが、「縄文、中国、メソポタミア、ギリシャ、エジプト、ヨーロッパへと人類の知恵を集めながら発展し、現代ではファインセラミックスとして人類を宇宙にまで連れて行くことになった“焼き物”=“セラミック”」(HP)についてのドキュメンタリーでした。陶王子の変化していく様子に興味が持てましたが、正直、学校で歴史の授業を受けている感じで、それほど面白くなく、期待はずれでした。


 次に観たのが、「ほとり座」の近くで民芸店を営んでいる長男が、「良かった。ぜひ観たら良い」と勧めてくれた「もち」です。「800年前の景観とほぼ近い姿で奇跡的に守られてきた岩手県一関市特有の食文化である『もち』をテーマに、伝統と生きる人びとの現在を描く。一関市の住民の人びとが出演し、言葉や伝統、感情をありのままの形で残すという手法で、ドラマでありながら限りなくドキュメンタリーに近い作品として製作された。」(HP)という作品です。主人公の14歳の少女の自然な演技を通じて、「忘れたくない 思い出せない そのあいだに わたしたちはいる」という主題に共鳴し、宮沢賢治の詩「鹿(しし)踊りのはじまり」で知った鹿踊りが踊られるシーンも印象に残りました。長男は2度観ましたが、大当たりでした。


 2月に入って最初に観たのは「天国にちがいない」です。これは、ほとり座の2月上映作品の予定表で紹介されていたコメントの最後のひと言「10年ぶりの傑作コメディー!」でした。しかし、観ていてもほとんど可笑しくなく、これがコメディーかと首をかしげました。観終わってからHPをのぞくと、「現代のチャップリンと称される名匠エリア・スレイマン10年ぶりの最高傑作!」で、2019年・第72回カンヌ国際映画祭で特別賞と国際映画批評家連盟賞を受賞した作品と紹介されています。私に見る目が無いのかと思い、Yさんに「さっぱり面白くなかった」と話すと、映画の背景にはパレスチナ問題があるので、そこを理解していないと分からないかもしれないとのこと。しかし、観ていてつまらなかったのだから、はずれでした。


 2月の2度目の映画は「瞽女」(ごぜ)です。瞽女とは、三味線を奏で、語り物などを歌いながら、各地を門付けして歩く盲目の女旅芸人ということは知っていましたし、水上勉に「はなれ瞽女おりん」という小説があることを知っていて、瞽女に関心があったので、「天国にちがいない」で「瞽女」の予告編を観て、これは観たい!と思いました。子役の演技に涙し、「瞽女として過酷な人生を歩んだハルは、意地悪なフジ親方からは瞽女として生き抜く力を、サワ親方からは瞽女の心を授かり、一人前の瞽女として成長していく」というストーリーに、こんな女性が実在していたことに驚きながら映画館を出ました。これも大当たりでした。


 そこで、この5本の映画の当たりとはずれの違いは何かと考えました。去年の「ぶあいそうな手紙」は、Yさんの投稿を読み、観たくなったのでした。今年の「当たり!」の2本は、事前の予告編で観たいと思わせられた「瞽女」と、息子が激賞した「もち」です。一方「はずれ!」の2本は、Yさんに勧められたので観た「陶王子」と、チラシの「傑作」の言葉につられて観た「天国にちがいない」となります。このコラムのタイトルとした「当たりはずれ」の違いの理由を無理やりつければ、「事前知識の差」となるのでしょうが、占いの「当たるも八卦、当たらぬも八卦」ではないけれど、判断するのは私であり、観てみないと分からないのだから、事前知識や評判に関係なく、むしろ事前知識や評判を忘れた白紙の状態で、私の主観で観たらよい、その印象が差であるという単純なことなのでしょう。とかく評判に躍らせられる私には、心したいことです。


 19日の夜は、今回の最終上映になる「アイヌモシリ」を観るつもりです。予告編からは、間違いなく「大当たり‼」となる映画です。(あらら、白紙の状態ではありませんね)