「私は白鳥」試写会

2021.11.25

 9月のコラム“「玉磨かざれば光なし」と言うけれど”では、「SDGs宣言して社外に情報発信していない企業は、採用活動において最初から負けたも同然だと思います。ですからSDGsの目的は前述の通り当社の課題をあぶりだし、解決に向かって行動したり今後の成長分野への参入を考えたりすることですが、SDGsを採用の手段にしない手はありません。」として、最後に「今日、全ての企業の最重要課題は採用であると言っても過言ではありません。(中略)私が尊敬する中村天風師は『百歩譲って、いくら磨いても玉にならないとしてもだよ、磨かない玉よりはよくなるぜ。ここいらが非常に味のあるところじゃないか。』と言っています。宝石の原石ではなく普通の石であっても、先ずは手にして磨きましょう。」でした。

 

 こうしてコラムでも書くくらいに、最近の私の頭の中は採用で一杯で、このコラム「私は白鳥」も採用つながりの内容です。

 

 10月のはじめにチューリップテレビから、11月9日に総曲輪のほとり座で行うチューリップテレビが開局30周年でTBSと共に企画制作した映画「私は白鳥」一般向け試写会への協賛企画が持ち込まれました。この概要はチューリップテレビの番組の中で「朝日建設presents」と読み上げる試写会告知用CMを20本放送し抽選でペア40組80名を招待する、当選ハガキ・落選ハガキには当社の広告を掲載しする、来場者にチラシなどサンプリングを実施し、上映前に司会のアナウンサーが当社を紹介するというものです。

 

 提案を聞いた私の頭の中では、ほとり座は毎月2~3本は映画を観ているお気に入りの映画館であり、それなりに料金はかかるものの当社だけの提供ということなので、CMを見た人や試写会に来た人に当社を知ってもらう良い機会になるだろうとの思いがかけ巡り、「しましょう」と即答しました。

 

 映画は、越冬のために富山市の田尻池に飛来してきたものの翼が折れ、シベリアに帰れなくなった白鳥と、その1羽に自分を投影しながら世話を続けた“おじさん”こと澤江弘一さんの4年間を追ったドキュメンタリーです。

 

 さて11月9日の試写会に私も知人と観に行き、受付でチューリップテレビの担当者に当社の会社案内とトミカの建設機械(ブルドーザー、バックホウ、グレーダーなど8種類)を入れた会社の封筒40枚を渡したところ、上映前のアナウンサーからの紹介の後、私もステージ前で一言話してほしいとの依頼です。アナウンサーからの紹介文は「朝日建設は1940年、昭和15年10月に創業し、先月創業81周年を迎えました。1946年、昭和21年以来、土木舗装工事をメインに電気設備工事も行い、戦後の富山市の復興そして成長発展に寄与してきました。当社の経営理念『建設事業とその関連事業を通して世の中の役に立つ。そして、ふるさと富山を発展させる。』のもと、一昨年、水道工事事業にも進出し、災害時には土木舗装、電気、水道の復旧にワンストップで対応できる体制を整えました。2040年の創業100周年に向け、現在3ヶ年中期経営計画を着実に進めています。」として渡してありこれ以上何を話そうかと思いました。しかしこれも当社を知ってもらう良い機会だと捉え、予告編が上映されている30分ほどの間に考えて次のように話しました。

 

 「今は建設業に限らずどんな産業でも採用が最重要課題になっています。そこで今日の試写会でこの映画を提供し、当社の宣伝をしようと思いました。皆さんにトミカの建設機械をお配りしたのもその思いからです。3K6Kと言われ敬遠されがちな建設業ですが、建設業とりわけ当社が携わる土木事業は英語ではシビルエンジニアリングと言い、シビルはシビリゼーション、文明に通じ、文明をつくる重要な産業です。当社に限らず土木工事業者は皆そんな使命感を持って日々仕事をしていますので、温かい目で我々を見ていって下さい」

 

 そしていよいよ映画が始まりました。映画の中で、タイトルの「私は白鳥」は白鳥たちの美しさの虜になり、ビデオカメラでその姿を記録し続けてきた澤江さんの「心の隙間がどういうわけか白鳥の形をしていたようで。」「私は人間の形をしてますが、自分は白鳥だと思ってます。」「白鳥が白鳥の世話をしているだけなんです。」の言葉から名付けられたと知り、こんなにも純粋な心を持った57歳の男性がこの富山に実在することに感動しました。20日から先行上映されていて12月9日まで上映しています。社員割引きもしていますので、ぜひご家族でご覧ください。

 

追記。映画が始まる前に、私の近くに座っていた男性が会社の封筒から取り出したバックホウを眺めていたので、すかさず「朝日建設の社長です」と挨拶しPRに努めました。

映画の試写会に協賛&テレビコマーシャル

2021.10.25

 先月のこのコラム“「玉磨かざれば光なし」と言うけれど”で、最後の方に「今や小学校でも取り組んでいるSDGsです。SDGs宣言して社外に情報発信していない企業は、採用活動において最初から負けたも同然だと思います。ですからSDGsの目的は前述の通り当社の課題をあぶりだし、解決に向かって行動したり今後の成長分野への参入を考えたりすることですが、SDGsを採用の手段にしない手はありません。


 今日、全ての企業の最重要課題は採用であると言っても過言ではありません。」と書きました。採用に向かってのさらなる行動が、今回のコラムの内容です。


 まず映画の試写会への協賛です。数々の賞を受賞したチューリップテレビ制作のドキュメンタリー番組「私は白鳥」がこの度映画化され、全国上映に先がけて富山市総曲輪のほとり座で11月20日(土)から先行上映されることになりました。その一般向け試写会が11月9日(火)にほとり座で行われるにあたり当社1社だけが協賛するものです。

 
 協賛することで、①試写会告知用CMを20本放送し、告知画面とともに「朝日建設presents」と読み上げます。これは既に始まっていて、あさひホームの職員や総務部の社員から「見ました」と言われ、妻も17日の日曜日の朝「テレビから朝日建設と聞こえたので画面を見たら会社のロゴと社名が出てた」と言いました。②試写会の当選ハガキと落選ハガキに当社の広告が掲載されます。③来場者にチラシなどサンプリングを実施できるので、当社では採用案内のチラシとトミカの重機を渡します。④上映前に当社のPR時間が用意され、司会のアナウンサーが当社を紹介します。


 そして5番目がチューリップテレビでのコマーシャル20本の放送で、6:00から26:00の間でランダムに放送されます。テレビコマーシャルは1本15秒で、「100年カウント篇」と「笑顔を照らす朝日建設」篇の2本を作り、2本続けて30秒間流します。ただ今打合せ中ですが、10月19日現在それぞれに登場する出演者7名が決まりました。


 さて、この度のチューリップテレビの企画の提案は、チューリップテレビの山野社長から県民会館で開催するチューリップテレビ開局30周年記念“間寛平芸能生活50周年+1記念ツアー「いくつになってもあまえんぼう」”の案内メールがあったので申し込んだチケットを山野社長自身が9月8日に会社に届けに来られたときでした。山野社長とは富山経済同友会の事務局に山野さんがインテックから出向していた2003年からの知り合いで、バンドでアルトサックスを吹きイベント案内を軽妙な文面でメールしてくる楽しいキャラクターの人で、8年前からチューリップテレビの社長です。今回間寛平のチケットを届けに来られた時に同行してきた若者はチューリップテレビの営業部社員で、なぜ社長と一緒にやってきたのかと思っていたら前述の試写会協賛企画を提案したのでした。山野社長が北日本新聞に出した当社の選択定年制の広告を見て、テレビコマーシャル出してもらえるかもしれないと直感(?)してこの社員を同行されたのでした。


 私は、6月24日の午前中におこなわれた令和2年度大雪対応支援感謝状贈呈式の終了後NHKテレビから受けた私のインタビューの様子が、その日の昼と夕方のニュースで流され、その直後から多くの人から「見ました」と言われメールや手紙ももらい、その後も8月ころまで朝の犬の散歩時に梨農家の方から「社長さん、テレビ見ましたよ」と言われたことで、映像の印象は長く残るものだと思ったのでした。そこでこのテレビコマーシャルの提案を聞きながら、当社の社名が見た人の印象に残り、後々まで採用のきっかけづくりに使えるだろうだろうと思い、出すことを即答しました。


 今回の映画の協賛やテレビコマーシャルにいたった流れを振り返ると、いろんな人とのつながりの中で仕事が進んでいくと思い、人生はだから面白いと感じました。

「玉磨かざれば光なし」と言うけれど

2021.09.24

「玉磨かざれば光なし」とは、「どんなにすぐれた才能があっても、学問・修養を積まなければ立派な人物になれないということ」(明鏡国語辞典)です。これは当社営理念の2番目「朝日建設は、人を経費ではなく成長する資源と考える。」に通じます。この理念の解説にあるように、人(社員)は学歴や男女の別などに関係なく成長目標の明確化と人財育成の実施によって成長できるということであり、この成長した社員によって経営理念の1番目「朝日建設は、建設事業とその関連事業を通して世の中の役に立つ。そして、ふるさと富山を発展させる。」ことができるのです。


 しかし、玉がなければ磨けないように、成長させようにも人(社員)がいなければ成長目標の明確化も人財育成の実施もできません。当然のことであり、そのために採用活動が重要になります。


 
 さて当社はこの度SDGs経営に取り組むことにしました。SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)とは、「誰一人取り残さない(leave no one behind)」持続可能でよりよい社会の実現を目指す世界共通の目標です。2015年の国連サミットにおいて全ての加盟国が合意した「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の中で掲げられ、17の目標と169のターゲットから構成されいます。SDGsの目標に照らし合わせながら当社の課題をあぶりだして解決に向かって行動したり今後の成長分野への参入を考えたりしたいと思います。


 当社はこれまでいろいろ新しいことに取り組んできました。PDCA(Plan、Do、Check、Action)の仕組みを作ることが大きなメリットのISO、東日本大震災を機に災害にあってもいち早く事業を再開するためのBCP事業継続計画(Business Continuity Plan)、工事原価管理と一体化した財務システムのHAKRA(現在は後継のALDE)、また、レモンイエローのコーポレートカラやー女性技術者の採用、3年ごとの中期経営計画の策定、絶対人事評価、選択定年制など数え上げるときりがありません。SDGsを学び始め、これらの取組みはSDGs経営の目標のいくつかの実践であったと思いました。


 しかし今や小学校でも取り組んでいるSDGsです。SDGs宣言して社外に情報発信していない企業は、採用活動において最初から負けたも同然だと思います。ですからSDGsの目的は前述の通り当社の課題をあぶりだし、解決に向かって行動したり今後の成長分野への参入を考えたりすることですが、SDGsを採用の手段にしない手はありません。


 今日、全ての企業の最重要課題は採用であると言っても過言ではありません。そして採用活動は採用担当者だけが行うものではなく、社員の皆さん一人ひとりの言動も採用活動です。会社訪問してきた学生さんをニコッと笑顔で迎えていますか?


 私が尊敬する中村天風師は「百歩譲って、いくら磨いても玉にならないとしてもだよ、磨かない玉よりはよくなるぜ。ここいらが非常に味のあるところじゃないか。」と言っています。宝石の原石ではなく普通の石であっても、先ずは手にして磨きましょう。